池袋

【池袋】餃子がジャンボすぎて炒飯が完全に脇役「開楽」

投稿日:

ラーメン、カレー同様に日本でガラパゴス化が進んでいる餃子。池袋にある「開楽」の餃子は一見普通に見えるが、目を見張るのはそのサイズ感。そう、ジャンボ餃子で有名な中華料理店なのである。

池袋東口を出て、横断歩道を渡った先の狭い路地に店を構えている。扉は真っ黒で黄色の文字でお店のロゴ。お店の前には人が並んでいるので目立っていた。

並んでいても回転は早いようで、それほど待たされることなく店内に案内される。1階はカウンター席で、主に一人客が多い。二人以上はだいたい2階へ案内されていた。コロナ対策で一席空けてくれている。これは本当にありがたいが、厨房の調理スタッフだけ3人ともマスクしていないのは気になった。

中華料理店だからメニューは本当にたくさんあって…(この裏にもメニューはびっしり)。餃子だけ目当てできたら、かなり迷いそう。

予習してきたので、この日迷わず注文したのは「お得なセット」の「Bセット(ジャンボ餃子5個+半チャーハン)」(税込900円)。

大きいのはわかっていたはずなのに、目の前に運ばれてくると圧倒される…。普段少食なのに、どうしてこれにしてしまったんだろう…食べ切れる自信がない…と思ってしまうほどのボリューム。

写真ではこの大きさがなかなか伝わらないので、横にスマホ(iPhone8)を置いてみる。これで大体のサイズ感がおわかりいただけると思う。さらに厚みもあるので、箸で掴んだ時のずっしり感がまたすごい。

餃子がすごいので、チャーハンは少なめ。普通の定食は君が主役だろうに、ここでは完全に脇役に徹している。

これまた写真ではわかりづらいけど、食べると中から肉汁がじゅわ〜っと出てくる。大きさばかりに目が行きがちだけど、ジューシーで普通においしい餃子。しかし、やはり私には量が大きすぎた。少食さんだと餃子1個、メインを他の料理にしても十分満足できるのでないだろうか。

餃子はテイクアウトも可能。そういえば、餃子のこの包み方って日本、本場の中国、韓国と国よって違うことはご存知だろうか?そもそも焼き餃子も日本独特の食べ方なので、焼き方に適したこの形になったのかとかそこまでは詳しくは知らない。

■店舗情報

店名:開楽 本店
住所:東京都豊島区南池袋1-27-2
TEL:03-3985-6729
営業時間:
【月曜~土曜】
11:00~23:00(L.O.22:40)
【日曜】
11:00~22:00(L.O.21:40)
【祝前日の日】
11:00~23:00(L.O.22:40)
定休日:無休
席数:51席
禁煙・喫煙:完全禁煙
HP:http://kailaku.jp/

【食べログ】開楽 本店

-池袋
-,

Copyright© 東京ランチ&スイーツ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.