築地・勝どき

【築地】赤身とツヤと旨みが過去最高のマグロ漬け丼『海玄』

投稿日:

今年はもう無理だろうと思っていたのに、急激にコロナ感染者が減少、緊急事態宣言も解除されたので久々に再開したグルメ巡り。再開したら最初に食べたいとずっと思っていたのが“マグロ”。せっかくなので、少し遠くても新鮮でおいしいマグロが食べれそうな築地に足を運んだ。

築地には海鮮丼や寿司の店がいっぱいあるので、どこがいいか事前に調べたところ、今年9月にオープンしたばかりの『海玄(シーゲン)』というお店が良さそうだったので、ここに決める。長年店を構えている店や賑やかな店と違って、築地には珍しく洗練されている印象の店構え。

並ぶことを覚悟で開店15分前に着くと、列もなくすでに開店している…なぜ?

お店の人に聞くと、「オープン10時になったんですよ」とのこと。え、本当?土日祝日だけなのかな…ちょっとそこは不明。

店内が広々としていてとても清潔感がある。それに今の時期だとこんな感じのお店がすごく好印象。この店の近くでも列ができている店がいくつかあったけど、覗くと店内狭く、客同士がかなり密接していて感染対策どころではない。いくら感染が落ち着いている状況だとしても、そういうお店はまだ入りたくはない。コロナの前と後ではお店選びもだいぶ変わってくると実感した。

メニューを拝見。「やま幸」の天然マグロを使用しているので、本当にいい物が食べられるのだろう。一番上の「究極の海玄まぐろ丼」(3,800円)を頼む人が多いのかな?でもお高いし、私がずっと食べたいと思っていたのは真っ赤なツヤのあるマグロ。

ということで、注文したのは「あるときだけのまぐろ漬け丼」(1,200円)。マグロのスープ付き。

思った以上にマグロが赤い!それに結構たくさんあるし、ネギトロまでのってる!ご飯は多分酢飯。そして、言うまでもなくマグロが旨い。大トロとかじゃないのに、口でとろけるように感じる食感と旨み。この質なら2,000円以上払ってもいいのだが、スープ付きで1,200円!凄すぎる。

どこで漁れたマグロなのかもしっかり教えてくれる。このときは青森県大間と宮崎県塩釜。

マグロのスープにもゴロっとしたマグロが入っていて食べ応え抜群。そして何気にお茶がとてもおいしかったので、おかわりもらってしまった。実は結構日本茶にはうるさくて、自宅で飲んでる煎茶はこだわってるけど、さすがに外のお店でのお茶は期待していない。でもたまにお茶までいい茶葉使ってるな〜と感心するお店があるので、今回はそれに該当したようだ。

グルメ巡り再開後1店舗目として最高のマグロ丼だった。まだ目立つような混雑ぶりではなかったけど、そのうち行列ができる名店になりそう。

■店舗情報

店名:海玄(シーゲン)
住所:東京都中央区築地4-13-8 ソラシアビル 1F
TEL:03-6260-4808
営業時間:
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
ディナー 17:00~20:00 (L.O.19:30)
定休日:不定休
席数:
禁煙・喫煙:完全禁煙
HP:https://seagen.tokyo/

【食べログ】海玄

-築地・勝どき
-,

Copyright© 東京ランチ&スイーツ.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.