浅草

【浅草】目玉焼き×ベーコンにたっぷりソースのパンケーキ『紅鶴』

投稿日:

現在、上野で開催中の「ゴッホ店」(2021年9月18日〜12月12日)に行ってきたので、ついでにパンケーキで有名な浅草の『紅鶴』に行ってきた。結構前から行きたかったけど、人気店で予約方法が特殊なので少しハードが高いなぁと思っていたお店。開店時間は10時半だけど、8時30分から予約整理券が配布される。7時くらいに列ができることもあるとネット上では書き込みもあり、ますますハードルが高い!?

最寄駅は浅草駅ではなく、田原町駅。そこから5分もかからず到着すると、すでに20人くらいの行列(土曜日の8時20分頃)。整理券をもらうまでに、私の後にあと10人くらいは並んでいたと思う。予約方法は、最初の人から15分刻みで設定されている希望の来店時間を選んでいくというもの。(※予約と同時に前金1,000円を徴収されるので注意!)

12時前後を希望していた私は、すでに20人くらいの後なので厳しいかと思ったけど、11時45分という枠が奇跡的に取れた!美術館に行った後にちょうどいい時間に入れたので、本当に運がよかったと思う。

パンケーキのお店でカウンターというのは珍しい。これならダラダラ長居されることなく、回転もいいだろう。何より目の前で調理の過程を見れるのは嬉しいサービス。

パンケーキのみの潔いメニュー。そして何気にドリンクが激安なのに注目。普通のカフェは500円以上はするので、ドリンクはとても良心的な価格だと言える。

注文したのは、見た目一番インパクトが強かった「ベーコンと目玉焼き」(1,900円)。パンケーキは甘いスイーツという認識で、実際甘いものしか食べたことがなかったけど、この度初めて“しょっぱい系”に初挑戦。いわゆる“ぷるぷる”ゆれる系のパーンケーキ。

濃い黄色は1個目の目玉焼きの黄身、淡い黄色のソースは特製のチーズソースだそう。目玉焼きの下にはマーマレードジャムが塗られているとか。

動画を見ると分かるけど、2枚目のパンケーキとベーコンの上にはハチミツ?シロップがかけられている。

どうやって食べていいのか分からず、とりあえず一段目を下ろしてみる。すぐにこのカリカリのベーコン。これ結構かたくてナイフで切るのが大変だった。食べるときは要注意。

ソースにたっぷりからめていただく。予想どおりソースはほどよく、ベーコンはかなり塩味が強い。パンケーキはほんのり甘く、かけられていたハチミツ?シロップがかなり甘め。最初は甘さとしょっぱさがうまく融合しているなーと思うけど、最後の方はベーコンとシロップの強いしょっぱさvs甘さが結構効いてくる。

二段目まではすんなりお腹に入ったけど、三段目からはお腹いっぱいになってくるので、味がよく分からなくなってしまった。案の定、隣のグループの1人が三段目をまるまる残していた。私は残さなかったけど、二段目までなら大満足!だったのが、三段目はちょっときつかったな〜という印象に。これは自分の食べれる量の問題なので、お客さんには話題性だけで飛び付かず、残さず食べ切れるものを注文してほしいものである。(食べ切れるようメニューに二段バージョンもあってもよかったかな)

■店舗情報

店名:紅鶴
住所:東京都台東区西浅草2-1-11
TEL:03-3841-3910
営業時間:
10:30~20:00
(時間指定整理券を8:30より先着60名分配布)
定休日:水曜
席数:8席
禁煙・喫煙:完全禁煙

【食べログ】紅鶴

-浅草
-

Copyright© 東京ランチ&スイーツ.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.